生物が毒を持つのは「獲物を仕留めるための武器」か「自分達が食われないための鎧」であることが多いのになぜか毒キノコの毒は遅効性なものも多く食われ尽くしてから発症しかねない

1pt   2018-11-09 17:49
奥様は鬼女-DQN返しまとめ-

3d67516b-s.jpg
337: 名無しさん@おーぷん 2015/01/29(木)18:59:05 ID:eYe生物が毒を持つのは「獲物を仕留めるための武器」か「自分達が食われないための鎧」であることが多く
いずれにせよ外的の体内に入ったら即座に効く毒成分である。
だが毒キノコの毒は強力だが遅効性なものも多く、食べてから一週間は潜伏期間があるものもあり
あらかたキノコは食われ尽くしてから発症しかねない。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=5702290&name
   晴天アンテナトップページへ
気になる話題の話題が沢山。