【怖い・・】鹿児島県立高校、美術の授業で生徒がデッサン用に使ってた頭蓋骨 本物だったことが判明・・・

0pt   2018-12-07 00:22
ツイッター速報

1: 風吹けば名無し 2018/12/06(木) 13:25:31.81 ID:F7rbuEvO0

b7443a64-s.jpg



美術授業用の頭蓋骨「本物」…頭にシール状の痕

鹿児島県立甲南高校(鹿児島市)で、美術の授業で使われていたデッサン用の頭蓋骨が本物だったことがわかった。

同校によると、頭蓋骨は20年以上前から、牛の骨などと一緒にデッサン室の棚に保管されていた。

この間、美術の授業で、生徒が頭蓋骨を見ながら模写することもあり、今年6月にも生徒1人がモデルにしていたという。

鹿児島では6月、県立鶴丸高校(同市)で、約50年前に死亡した女性のものと推察される頭蓋骨が見つかっていたことが判明。これを受け、甲南高がデッサン室の頭蓋骨の鑑定を県警に依頼したところ、 人骨と判明した。30~40歳の女性とみられ、県警からは「事件性はない」と説明されたという。(略)

引用元ソース

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5473139&name
   晴天アンテナトップページへ
気になる話題の話題が沢山。