【NHK】吉高由里子主演 24年大河『光る君へ』 なぜ紫式部?なぜ平安時代? “初題材”に挑む

84pt   2022-05-14 12:30
腹筋崩壊ニュース

https://www.oricon.co.jp/news/2234391/full/
2022-05-12


俳優の吉高由里子が、2024年放送のNHK大河ドラマ『光る君へ』で主演を務めることが決定。女性が主役の大河ドラマは2017年『おんな城主 直虎』(柴咲コウ)以来、7年ぶり。吉高は、『篤姫』(2008年)以来、2回目の大河ドラマで『源氏物語』を書き上げた紫式部/まひろを演じる。


紫式部は、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。


制作統括の内田ゆき氏は、制作にあたって「これまでにやっていない題材はなんだろう?」と、まず考え、「そして、そろそろ女性の主人公がきてもいいのでは? と。そんな中で浮かんできたのが、平安時代。主人公は、『源氏物語』の作者の紫式部です」と、紫式部を主人公に据えた経緯を明かす。


「千年の時を超えて現代語訳や二次創作を生み出し続け、世界20か国以上で翻訳されているこの物語の作者について、わかっていることは多くはありません」。そんな紫式部を描く中で鍵になる要素は二つ。「ひとつは、意外にも活動的で男性貴族とも対等に付き合い、政治にさえも大きな役割を果たしていた平安の女性像。もうひとつは最高権力者となった藤原道長と紫式部の『近さ』でした。二人は年代的にも物理的にもいくつもの接点を持っていたのです」と挙げた。


平安時代の多くの女性の名前は判然せず、紫式部もその一人だ。今作では、心に燃えるものを秘めた個性的な主人公に「まひろ」という名前を付けた。内田氏は「のちに歴史上もっとも有名な女性の一人となった彼女は、なぜ、この完全無欠な男性を彩る愛の物語を書いたのか。そこに、彼女の人生に欠かせない片割れ、ソウルメイトとして藤原道長が大きく関わっていたのではないか。そして彼女が見聞きした、愛憎と権力が渦巻く宮中での、天皇や貴族たちの生きざまは、どのように物語に取り入れられていったのか。これまでにない挑戦となるドラマには、想像の余地があふれています」とアピールしている。


001_size9.jpg
   晴天アンテナトップページへ
気になる話題の話題が沢山。

今日の人気エントリー

【激怒】「降りないのか?」バス運転手、いたずらで何度も降車ボタンを押した児童を降ろして、保護者からクレーム!「子供の間は押したいボタンだよね」
攻殻機動隊て今見たらダセェな
【不審】ゆっくり茶番劇 柚葉、『ゆっくり』を保護するために商標取得したと弁明!「だったらその商標神主に譲渡しなよ。」
【悲報】「夢は造幣局職員」「タイムマシンでロト6の当選番号見たい」田口翔の卒アルが凄すぎ!「金に執着ありすぎて草」
人生終了した28歳だけど俺よりやばいやついる?
【悲報】田口翔、税金000万円が発生!裁判で敗訴で最大7000万の支払い!「確定申告までまだまだ時間あるしどう転ぶか乞うご期待」
【岐阜新聞】京都生まれで岐阜に転校したら「机をつって」と言われ理解できなかった、柴橋正直岐阜市長
【悲報】大阪大名誉教授 三島憲一、「このおっさんは、東大には居場所がないはず」と小泉悠を罵倒!ちなみに小泉悠は東大講師!「貫禄と腰の座り方からイメージつかなかったけど若いんだよなあ」
【悲報】「夢は造幣局職員」「タイムマシンでロト6の当選番号見たい」田口翔の卒アルが凄すぎ!「造幣局に勤めたってその金が貰えるわけでは…」
【サッカー】「オフサイドはなぜ反則か」59年間の変遷の中で100年近くも不変のルール