広島・原爆資料館で40年以上、来館者にインパクトを与えてきた等身大の展示物「被爆再現人形」25日を最後に撤去 

0pt   2017-04-21 09:45
ツイッター速報

1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/21(金) 06:40:51.76 


8c07ba61-s.jpg


広島市の原爆資料館で40年以上、来館者にインパクトを与えてきた等身大の展示物「被爆再現人形」が今月25日を最後に、改装に伴う本館閉鎖で姿を消す。

撤去は2013年に決まったが、来館者らから「被害が分かりやすいのに」と惜しむ声が上がり、賛否の意見がある。

資料館は改装後、被爆者の遺品など実物資料の展示を重視する方針で「原爆で運命を変えられた人々の人生を浮かび上がらせたい」と強調している。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5473139&name
   晴天アンテナトップページへ
気になる話題の話題が沢山。